自殺の現場を特殊清掃

今現在、日本では年間に3万人位上の方が自殺をしています。

残された遺族は、警察からの突然の報告に驚き、

深い悲しみの状況に置かれる訳ですが、

そのような状況下でも自殺の現場が賃貸住宅の場合、

現場の現状復帰は身内が行う必要があります。

通常、自殺の現場の現状復帰は、

警察の方も、葬儀会社の方も行ってはくれません。

全て身内が行うのが一般的です。

しかしながら、悲しみの中で遺族が現状復帰することは無理な話です。

自殺の場合、現場には血液や体液が残されている場合も多く、

そういった汚れや臭いは通常の清掃では完全に綺麗にすることはできません。

そういった際に力になってくれるのが「特殊清掃」業者です。

特殊清掃業者は、自殺や事件現場の清掃のプロフェッショナルです。

特殊な技術と装置、薬品を用いて完全に現状復帰をしてくれます。

遺品整理や不要品処分もしてくれるそうなので、

遺族にとっては有難い力になってくれるはずです。

Comments are closed.